Home > 大笹牧場とは
 
大笹牧場とは

1.大笹牧場について

大笹牧場は、日光国立公園内の標高1,030〜1,320mに位置し、関東平野を一望できるロケーションと、豊かな自然が息づく、のどかでおおらかな放牧育成牧場です。
また、標高の高さから、夏でも涼しく、都市近郊から手軽に来られるドライブコースとして親しまれています。
牧場内には、大自然の中で動物と一緒に遊べるふれあい施設や、家族で楽しめるアスレチックを設け、憩いの牧場として施設を開放しています。
豊かな自然が息づく大笹牧場。四季折々違った景色が楽しめる、日光の観光名所のひとつとなっております。
    
2.概要・歴史

昭和32年6月、栃木県酪農業協同組合の預託育成牛夏期放牧場として、112ヘクタールの民有地を買い受け開設。
当時は道とゆう道もなく、草地造成等に必要な機材や肥料は、すべて組合員の人力によって運ばれ、開墾されました。
その後、国有地の払い下げ及び民有地の買収などによって放牧地の規模を拡大し、現在では362ヘクタール(東京ドーム77倍!)の草地に、毎年約300頭の乳用育成牛を放牧する牧場になりました。
昭和51年9月には、敷地内に大笹牧場レストハウスをオープン。平成9年に全面リニューアルし、翌年、アメリカよりブラウンスイス牛を導入。殺菌施設・畜産加工施設を増設し、オリジナル乳製品の製造・販売を始めました。
平成17年より株式会社大笹牧場として、レストハウス業務を独立して営業しております。
  
3.大笹牧場よりご来場の皆様へ

昭和52年にここ大笹牧場の地にレストハウスを開業、以後37年にわたり地域の皆様に愛され、営業をさせていただいております。
大笹牧場名物ジンギスカン。スイス原産のブラウンスイス牛の特徴を生かした牛乳、その牛乳を使用した自慢のソフトクリーム、乳製品。地域特産のお土産等をご用意し、皆様のご来場をお待ちしております。
都会では味わえない“癒しの空間”をご来場の皆様に提供させていただければ幸いと思います。
ぜひ一度、大笹牧場にお越し下さい。心よりお待ちしております。